JAPANESE SAMURAI SWORD

価格 Price : Sold 売却済み exchange rate calculation

刃長 Cutting edge : 53.3cm

反り Sori : 0.9cm

地鉄 Jigane : 摘んだ板目が流れ心となり、淡く地沸つく
Tightend Itame-hada nagare-kokoro, There is a few ji-nie in jigane.

刃文 Hamon : 互の目、匂い口凛として小沸づき冴える
Gunome, There is ko-nie,sunagashi,kinsuji in hamon. Hamon is bright.

帽子 Boshi : 直に焼崩れ心 Sugu-yakikuzure

時代 Era : 江戸時代 Edo era(元文 Genbun era c1736)

銘 Signature : 武蔵太郎安国 Musashi Taro Yasukini
裏年紀 Reverse side : 真十五枚甲伏作 Shin Jyugomai Kobuse tsukuri

鑑定書 Paper : 日刀保 貴重刀剣認定書 NBTHK kicho paper

拵え Koshirae : 千段刻鞘拵え(小柄小刀欠,縁頭は横谷宗与)
           There is old original koshirae(Fuchi kashira is Yokoya Soyo)
           (Ko-katana is lost)

研ぎの状態 Polish : 研ぎ上がり Condition of polish is 90%.

備考 Other info : 特筆すべき欠点なし There is not flaw.


コメント:大変好ましい二代武蔵太郎安国の優刀です。武蔵太郎安国は小説「大菩薩峠」の中で、主人公である机竜之助の愛刀として書かれ、大変人気の高い刀工です。また、好ましい生の拵えも付属しており、楽しめるものです。縁頭は横谷派二代の宗与のもので、銘振りも作域も典型的な片切彫りのものです。
刀及び拵え共に保存審査も必ず通る事を保証いたします。以下、本間薫山博士監修の日本刀銘鑑の抜粋です。

「武蔵太郎安国」下原。山本藤太。幸蔵。初銘安英。江戸麻布にてもうつ。元八王子住。寛保二年五月二十八日没。(57歳)二代元文ころ。武蔵。(桑都日記)<注>宝暦11年3月7日、幕命により秋元但馬守の鍛冶由緒調により、現在下原鍛冶4軒のうちとあり、賜地三反有余継承とある。また、将軍継嗣のおりには江戸城に奉賀し、将軍、水戸家、他諸藩の求めあれば作刀のため日頃鍛冶精励中とある。当時は安国の藤太家が筆頭として挙げられていたようであり、宗国、康重、照重家がこれにつづき、他は廃業同然という。

There is NBTHK kicho paper on sword This is 2nd Musashi Taro Yasukuni of Musashi province.He made sword for Tokugawa shogun and Daimyo. Jigane is strong and so good!!Hamon is decent .
Anyway, This sword is interesting good sword. I can submit to crafutsman for shirasaya.
Also new NBTHK hozon paper is possible for sword and koshirae.I will guarantee that sword and koshirae pass NBTHK.
Condition of Polish is 85%.Please get your good collection!!!



TOP