JAPANESE SAMURAI SWORD


価格 Price : JPY  exchange rate calculation

刃長 Cutting edge : 25.1cm

反り Sori : 0cm

地鉄 : 板目が柾に流れ、沸写り、地写り立ち地景入る
Jigane :  Itame-hada and masame-hada, There is ji-utsuri and chikei in jigane

刃文 : 小沸出来、直刃に小乱れ交じり小足盛んに入り沸匂い深く刃冴える
Hamon :  The hamon is ko-nie deki suguba ko-midarei, many ashi, kinsuji, sunasashi
Hamon is brght, Nie nioi is deep and soft.

帽子 : 焼詰め 
Boshi : Yakizume


時代 : 南北朝末期~室町初期
Era : Early Muromachi era from Late Nanbokucho era

銘 : 大和国則長
Signature : Yamato no Kuni Norinaga

鑑定書 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書
Paper : NBTHK hozon paper

拵え Koshirae : 白鞘 There is shirasaya

研ぎの状態 : 研上がり
Polish : Full polish

備考 Other info : 特記すべき疵欠点無し There is not flaw.


コメント:大和物で時代の上がる在銘の作品は少ないですが、この度、南北朝末から室町初期にかけての尻懸則長をご紹介できる事となりました。初二代以外の則長は全て「尻懸後代」という具合にひとくくりにされてしまいますが、この則長は南北朝末から室町初期に該当するものだと思います。地刃の冴えは尋常で無く、古来賞賛されてきたことが頷ける古作です。先日審査結果が出たばかりの短刀ですが、いま一度上研ぎをかけてみたくなる短刀です。いずれにせよ古名刀に相違なく、南北朝末~応永にかけての尻懸則長と考えておけば間違いは無いと思います。



TOP