JAPANESE SAMURAI SWORD

価格 Price: Sold 売約済み


刃長 Cutting edge : 61.9cm

反り Sori : 2.3cm

地鉄 : 板目肌流れ心、沸写り立ち地景入り麗しい地鉄
Jigane : itame-hada and masame-hada, There is nie-utsuri and chikei in jigane.

刃文 : 小沸づいた直刃基調に小互の目交じり、小足入り冴える
Hamon : Suguha and ko-gunome with ko-nie, There is ko-ashi and in hamon. Hamon is bright

帽子 直ぐ小丸掃きかけ心
Boshi : Sugu-komaru hakikake gokoro


時代  室町初期
Era : Early Muromachi era

銘 : 則助
Signature : Norisuke

鑑定書 : 日本刀剣保存会 正真鑑定書 

Paper : NTHK kanteisho certificate paper.

拵え : 白鞘及び叩塗鞘半太刀拵
Koshirae : There is shirasaya and koshirae

研ぎの状態 : 研ぎ上がり
Polish : Full polish


コメント : 応永備前に代表される備前正系の刀工群の他に小反りと言われる刀工群が南北朝から室町にかけて数多く存在します。
これらの刀工群は系統が定かではなく、一代で終わった一人鍛冶と言われるような刀工も存在しておりました。
ただし、この助則については吉井系と考えられるもので銘振りも作風もそれらを肯定できるものです。助則は各時代に吉井系として存在しており
流派としては小反りに吸収されていったものと思われます。いずれにしても室町初期の小太刀として好ましい物です。

Comment :Kozori school made sword on Bizen other than the Bizen group of the direct descendant.
Kozori smith existed a lot so many from Nanbokucho era.Their ancestors are unknown.
However, in this norisuke, ancestors are clear. Norisuke is Yoshii school of Bizen province.
Norisuke existed from Nanbokucho era to Muromachi era..
After that, Norisuke was merged in kozori school.
Anyway, good ko-tachi of the early period of Muromachi






TOP