JAPANESE SAMURAI SWORD

価格 JPY2,000,000 exchange rate calculation

刃長 Cutting edge : 69.7cm

反り Sori : 2.4cm

地鉄Jigane : 板目肌に柾目交じり強い地鉄が美しく、淡く写り立ち地景入る
Strong itame-hada and masame-hada, There is nie-utsuri and chikei.

刃文 Hamon : 直刃に小互の目交じり、刃縁明るく冴える
Suguha and a few ko-gunome, hamon is bright

帽子 Boshi : 掃きかけ、倒れる Hakikake,Taoreru

時代 Era :室町初期 Early Muromachi era(Around c1400)

銘 Signature : 兼重 kaneshige

鑑定書 Certificate paper : 日刀保 特別保存刀剣鑑定書 NBTHK tokubetsu hozon paper.

拵え Koshirae : 白鞘 shirasaya
研ぎの状態 Polish : 上研磨済み New polish of Sashikomi polish of 1st class

備考 Other info : There is not fatal flaw.

コメント Comment : This Kaneshige is Zenjyo Kaneyoshi school of Mino province of early Muromachi era (around c1400) with NBTHK Tokubetsu hozon.
Style is typicla Kaneyoshi school, and good sword. It loos like Yamashiro school of Kamakura era.
So Suguha and Masame-hada is very beautiful and refined.
I got it rusty and with out paper, I submited to NBTHK on this year.
You can submit of Juyo shinsa to NBTHK on Sep. It's interesting thing!!

善定兼吉の子と言われる兼重のご紹介です。この兼重については非常に稀なうえに上の出来も良く好ましいものです。
作風も所謂、兼吉伝を踏襲しており細身で誠に上品な出来口であり、山城物を見るが如しです。
弊ショップでは幸運にも多々美濃の時代の上がる物をご紹介させていただいておりますが、なかなか出てこない物であります。
うぶだし無鑑の錆身で出てきたもので今年の審査に合格したばかりの刀ですので、今年の重要審査に出してみるのも面白いかもしれません。






TOP