JAPANESE SAMURAI SWORD

価格 JPY684,000 exchange rate calculation

刃長 Cutting edge : 63.1cm

反り Sori : 2cm

地鉄Jigane : 摘んだ板目に柾目交じり美しく、沸写り立ち地景入る
Tight itame-hada and masame-hada, There is nie-utsuri and chikei.

刃文 Hamon : 直刃、刃縁明るく冴える
Suguha, hamon is bright

帽子 Boshi : 小丸 komaru

時代 Era :室町初期 Early Muromachi era(c1400)

銘 Signature : 大すりあげ無銘 Osuriage mumei

鑑定書 Paper : 日刀保保存刀剣鑑定書 NBTHK hozon paper.

拵え Koshirae : 陸軍サーベル拵 Kyu Gunto Army Koshirae

研ぎの状態 Polish : 現状鑑賞可能 Condition of polish is 90%.

備考 Other info : There is not fatal flaw.

コメント Comment : This is Zenjyo school of Mino province of early Muromachi era (around c1400) with NBTHK hozon.
NBTHK passed on early time of Hozon shinsa(Showa 61 years, c1986)
If it resubmit to NBTHK, It will be pass Tokubetsu Hozon
So Suguha and Masame-hada is very beautiful and refined
I have not seen the decision called zenjyo in NBTHK. This is very rare.
This is not sue-seki.

善定という極めは非常に珍しく、室町初期の善定一派の典型である故の極めでありますが、正に兼吉と個銘をつけられてもおかしくない出来です。
陸軍のサーベル拵えも状態が非常に良く大切に残していきたいと思わせるものです。
所謂、末関といわれる室町末期の粗製品は多いものの、本作品は健全で出来も良く、数少ない室町初期の美濃物であります。
美濃の兼常を豊臣秀吉の初期の軍師である竹中半兵衛も佩刀としていたようで、当時の侍には命を託すにに相応しい一派だったのでしょう。
この刀も非常に上品な出来口で山城物あるいは大和の上出来な物を連想させます。
保存鑑定書も昭和61年という初期の鑑定書になりますので特別保存審査に出してみるのも面白いかもしれません。






TOP