JAPANESE SAMURAI SWORD

価格 Price: exchange rate calculation

刃長 Cutting edge : 68.6cm


反り Sori : 2.2cm


地鉄 : 板目に柾目交じり、地写り立ち地景景入る
Jigane : Strong itame-hada and masame-hada, There is ji-utsuri and chikei in jigane.

刃文 : 直刃基調に互の目、小互の目、交じり、小足入り冴える
Hamon : Suguha and gunome and kogunome, There is ko-ashi in hamon. Hamon is bright

帽子 直ぐ掃きかけ心
Boshi : Sugu-hakikake-gokoro


時代  室町中期(天文)
Era : Middle Muromachi era (Tenbun era)

銘 : 兼定 (3代)
Signature : Kanesada (3rd gen,suriage)

鑑定書 日本刀剣保存会鑑定書
Paper : NTHK Kanteisho paper 

拵え : 白鞘のみ
Koshirae : There is shirasaya

研ぎの状態 : 古研ぎ
Polish : old polish.(There is a few rust)


コメント : 三代疋定のご紹介です。古研ぎ故にひけも多く、一見雑刀に見えますが、美濃の高位の刀工である事が、この作品からうかがい知れます。現状、刷り上げられており、2尺2寸6分で手持ち良い寸法ですが、2寸程刷り上げられているようで、元来2尺5寸位あったようです。兼定には有名な之定の他にも別人兼定の存在も確認されておりますが、この刀の銘振りは三代疋定でよいでしょう。美濃物は物切れするが故に使い込まれ、減っている刀も多く世上「数打ち」の代名詞のような印象を持たれがちですが、兼元、兼定に代表されるような鑑賞に堪えうる良作も多々見受けます。この刀もそれらに類するもので美濃物のコレクターに廉価で楽しめるこのお刀をお勧めいたします。

Comment :





TOP